Ck デザイン。 CKデザイン (有)

CKデザイン (有)

ck デザイン

の仔猿とは異なり、を最大の特徴とする。 小さなバイクはもうなくなるのか、と思いきや、「モンキー」よりももっと小さなバイクが健在です。 モデル一覧 [ ]• 5cmと、「モンキー」よりもさらに小さく、重量は20kgほど。 始動はリコイルスターター。 全長136. HOREX644OSCA また海外のバイク関係の開発も行います. それは、東京都調布市に工房を構えるCKデザインの「Ko-zaru(仔猿)」というバイクです。 ST22(排気量22cc) - ホンダ製汎用エンジンGX22搭載モデル• また、ウィンカーおよびテールランプは省電力化の目的からを使用し、 同部品において日本国内ではオートバイとして初のLED採用例となっている [ ]。 ホンダ内では将来有望な社員として働いていましたが、「自分の思ったバイクを作りたい」との思いが拭きれず、1980年に思い切って独立します。

次の

CKデザイン (有)

ck デザイン

-- 自動車メーカーでプロジェクトリーダーをした経験と国際性で、商品開発、生産、試作の合理化 コストダウン含む 、3次元と自由曲面等の扱いは多岐に経験有り。 概要 [ ] 『仔猿』のモデル表記は「ko-zaru」が正規で、「Kit Osca Z-bike Assembly Real Ultramini」のから「KOZARU」としている。 これで排気量はわずか31ccにもかかわらずスピードの乗りは過不足無く、テストコースで実測45キロ以上をマークしたという。 CKデザインってどんなメーカー?ちょっと歴史を紹介します CKデザインは、創業者の 佐々木和夫さんにより二輪車設計事務所として立ち上げられた会社です。 このサイズだと 乗用車のトランクルームにも入る大きさですので、レジャー気分でどこにでも持ち運びができそう。 一から出直すことになった佐々木さんは、フリーマーケットで偶然草刈りに使われる 31ccのエンジンを見つけます。 1家に1台購入し、お子さんと作っても良いかもしれませんね! まとめ 現在CKデザインから販売されているバイクはko-zaruのみとなっていますが、高回転エンジンを乗せたりアルミタンクを使用したりと年々進化を繰り返しています。

次の

加圧・パーソナルトレーニングならBody Design CK Style

ck デザイン

また、「ko-zaru」は組み立て式となっているため、自分でバイクを作る楽しさも詰まっています。 ST35(排気量35cc) STシリーズは、「LA-X」の別名をもち、ユーザーレベルでは「仔犬」「コイヌ」などの愛称で呼ばれる、仔猿シリーズの兄弟車種。 ホイールまで真っ赤に色塗られた644ccのバイクはかなりインパクトがありますね。 ガソリンタンクは容量650ccだが、シート下にもう一つタンクを追加も可能。 5年通っています。

次の

日本一小さいバイクメーカー、CKデザイン製 Ko

ck デザイン

Z31Aと共通のホンダ製OHV31cc単気筒エンジンを搭載する。 Z35M(排気量35cc)• 最高速度が、道路交通法上の限定規定にある時速20kmを上回るため、、、が装備されることとなった。 CZ62(排気量31cc)• 「自分で作りたいバイクを作るためにホンダを飛び出しました」という熱い心の持ち主。 外部リンク [ ]• 困った問題ほど向いています。 もうひとつの特徴としてキットバイクを主仕様として設け、日本初としている。

次の

モンキーよりも小さいバイク!? 「CKデザイン」って知ってた?

ck デザイン

市販モデルのスプロケットはアルミの地肌になる予定。 CZ70(排気量35cc)• CZ70-LPG(排気量34cc) - ノリモノランド取り扱いの仕様車• 3DCADではcadkeyの世界1位になる。 搭載しているは排気量31cc(製GX31)から35cc(製)のであるため、上はに分類される。 特許関係も相談に乗れます。 その進化具合は走りだした瞬間から分かる。 若干大柄となった車体に併せてリアショックも自由長の長いタイプを専用設計。 Z31A-1型(排気量31cc)• 全長82. ホンダ「モンキー」が2017年8月に生産を終了しますが、これより小さな、その名も「Ko-zaru(仔猿)」というバイクが存在します。

次の

日本一小さいバイクメーカー、CKデザイン製 Ko

ck デザイン

など遺伝子の異常が関与していると考えられる場合は、必要に応じて遺伝子検査が行われることもあります。 ただし、「モンキーこそが世界最小」という人が多いことからもわかる通り、CKデザインをご存知のライダーが少ないのも事実。 独立当時は思うようにいかず貧困生活を余儀なくされましたが、バブル期に「全天候型バイク」を開発し、大ヒット。 利便性と使い勝手の良さをヒントに近い将来、東日本大震災をきっかけとして緊急用車両としても役に立つことを前提にして開発しました。 小さいバイクと言えばホンダのモンキーが思い浮かぶ人も多く、「モンキーこそが世界最小!」という人も多いのではないでしょうか? しかし、実際のところ世界最小のバイクはモンキーではなく「 CKデザイン」というメーカーが開発する ST-31A、通称「 ko-zaru」と呼ばれるバイクなのです。 走るその姿を見た人全員を笑顔にしてしまう初代『仔猿』Z31A。 あるバイクショップは「コレクターアイテムとしても人気で、中古市場で高値が付きます。

次の