強い 農業 担い手 づくり 交付 金。 強い農業づくり事業 | 農政部農業経営局農業経営課

補助金:令和2年度強い農業・担い手づくり総合支援交付金(新たな生産事業モデル支援タイプ)の3回目公募|支援情報ヘッドライン|J

強い 農業 担い手 づくり 交付 金

農林水産部農産園芸課 (〒020-0001盛岡市内丸10-1、電話:019-629-5708)• また、労働力不足等の課題に対応する農業経営のイノベーションに向けて、新たな技術を活用した農業用機械・施設の導入について、優先枠を設けて重点的に支援します。 成果目標に直結するものであること。 強い農業づくり事業の運用について 新旧対照表 ( ・ ・ ・ )• 目標達成のために、どのような事業を実施するか決定します(事業メニューから選択)。 ・成果目標について、付加価値額や経営面積の拡大などご自身で設定した目標を達成できない場合には、 補助金返還の可能性があります。 (事業費の30%以内。 公表 強い農業づくり交付金実施要綱(平成17年4月1日付16生産代8260号農林水産事務次官依命通達)第8の6に基づき、以下のとおり公表します。 また、労働力不足等の課題に対応する農業経営のイノベーションに向けて、新たな技術を活用した農業用機械・施設(事業費50万円以上)の導入について、優先枠を設けて重点的に支援します。

次の

2019年度 強い農業づくりの支援に係る関係通知について:農林水産省

強い 農業 担い手 づくり 交付 金

原則として、 事業の対象となる機械又は施設は、耐用年数が概ね5年以上20年以下のもの(中古農業用機械の場合には残存耐用年数が2年以上)であること。 今後さらに滋賀らしい農村の持続的発展のために、地域ぐるみによる農村資源の保全や集落を支える取組を一層進め、次世代に地域資源が引き継がれるよう後押しすることを基本的な考えとしています。 審査を通過した事業について、県に事業申請を行います。 多面的機能支払交付金により国・都道府県・市町村が一体となって地域の共同活動を支援し、今後も農業・農村の有する多面的機能が適切に維持・発揮されるよう本交付金による取組を推進します。 (1)人・農地プラン作成済みの地区 人・農地プランに位置づけられた中心経営体• このため、各タイプごとに町でのポイント下限値を設定していますので、ご了承ください。 申請先・問い合わせ先 (西区・その他) 神戸市西区伊川谷町潤和1058番地 西神文化センター2階 神戸市経済観光局農政部西農業振興センター 生産振興係 Tel:078-975-6895 (北区) 神戸市北区藤原台中町1-2-1北神中央ビル内 神戸市経済観光局農政部北農業振興センター 生産振興係 Tel:078-982-7111. 支援対象者:農家3戸以上が構成員に含まれる団体。 「強い農業づくり」にむけて、地域がいま抱えている問題を明確にします。

次の

強い農業づくりの支援:農林水産省

強い 農業 担い手 づくり 交付 金

(1)金融機関の融資等を受けること。 23年度評価(・)• ただし補助上限額は個人1,000万円、法人1,500万円) 3. 補助率:2分の1(農業機械は3分の1)以内(補助金額上限4,000万円) 3 被災農業者支援型 過去に例をみないような甚大な気象災害等により、担い手の農業経営の安定化に支障を来す事態が発生しており、特に緊急に対応する必要があると農林水産省経営局長が認める場合に、農産物の生産に必要な施設等について、気象災害等による農業被害前の当該施設と同等の施設の取得や修繕等を支援します。 市町村は事業実施主体から提出された事業内容の審査を行います。 (国直接採択様式)• 募集は、事業実施を希望する年の前年度1月頃に、市町村を通じて行います。 ・ 下記パンフレット、国要綱をよく読んで申請してください。

次の

補助金:令和2年度強い農業・担い手づくり総合支援交付金(新たな生産事業モデル支援タイプ)の3回目公募|支援情報ヘッドライン|J

強い 農業 担い手 づくり 交付 金

1 産地競争力の強化 需要に応じた生産量の確保,生産性の向上,品質向上等 2 食品流通の合理化 安全・安心で効率的な市場流通システムの確立,卸売市場の再編の促進等 詳細は をご覧ください。 「強い農業づくり交付金」について 「強い農業づくり交付金」事業の概要について 本事業は,競争力のある産地づくりを推進するため,販売量の増大や,高付加価値化による販売価格の向上,生産/流通コストの低減等,生産力強化の取組に必要な大規模共同利用施設の整備を支援するものです。 要綱,要領等• 補助上限額 事業内容 申請ポイント下限値 先進的農業経営確立支援タイプ 個人1,000万円 法人1,500万円 広域に展開する農業法人等に対し、上限額を引き上げて支援します。 (3)本事業以外の国・県の補助事業と重複しないこと。 市町村は県から配分された交付金を各事業実施主体に配分します。 。 県は国から配分された交付金を、市町村に配分します。

次の

神戸市:平成31年度 強い農業・担い手づくり総合支援交付金にかかる事業者を募集します

強い 農業 担い手 づくり 交付 金

・実施に当たっては、複数業者による 入札を行っていただきます。 しかし、近年の農村地域の過疎化・高齢化による集落機能の低下により、地域の共同活動が困難になり、保全管理に対する担い手農家の負担の増加や多面的機能の発揮が懸念されつつあります。 【、、】• 事業内容について計画作成に時間がかかる場合や、予算の確保が必要な場合もあるので、補助事業の活用を希望される場合は、前年度の6月頃までに在住の市町村にご相談ください。 17年度評価([、、]・)• 強い農業づくり交付金の事業評価結果の公表について 強い農業づくり交付金実施要綱第8の7• 県は市町村の審査を通過し、県に提出された事業内容を審査します。 お問合せ先 農林水産省生産局総務課生産推進室 TEL: 代表 03-3502-8111 FAX:03-3502-8518 担当:企画調整班課長補佐、事業推進班課長補佐(内線4717) 東北農政局生産部生産振興課 TEL: 代表 022-263-1111 FAX:022-217-4180 担当:地域指導官(内線4337) 関東農政局生産部生産振興課 TEL: 代表 048-600-0600 FAX:048-601-0533 担当:地域指導官(内線3307) 北陸農政局生産部生産振興課 TEL: 代表 076-263-2161 FAX:076-232-5824 担当:地域指導官(内線3316) 東海農政局生産部生産振興課 TEL: 代表 052-201-7271 FAX:052-218-2793 担当:地域指導官(内線2414) 近畿農政局生産部生産振興課 TEL: 代表 075-451-9161 FAX:075-414-9030 担当:地域指導官(内線2378 中国四国農政局生産部生産振興課 TEL: 代表 086-224-4511 FAX:086-232-7225 担当:地域指導官(内線2416) 九州農政局生産部生産振興課 TEL: 代表 096-211-9111 FAX:096-211-9745 担当:地域指導官(内線4440) 沖縄総合事務局農林水産部生産振興課 TEL: 代表 098-866-0031 FAX:098-860-1195 担当:生産総合指導係(内線83362). 県の審査を通過した事業を、国へ要望として提出します。 募集締切 平成31年4月9日(火曜)17時まで 2. 農地中間管理機構から賃借権の設定等を受けた者。

次の

2020年度強い農業づくりの支援に係る関係通知について:農林水産省

強い 農業 担い手 づくり 交付 金

3戸以上の農家から農地を借る受け又は作業委託を受ける参入企業(中小)等。 事業実施までの流れ 事業実施主体は• 【支援内容】 支援対象経費 農産・園芸作物の生産及び流通に必要な,大規模共同利用施設等の整備に係る経費(水稲乾燥調製施設,野菜・果樹集出荷貯蔵施設,農産物加工処理施設,低コスト耐候性ハウス,生産技術高度化施設等) 支援対象者 市町村,JA,JA連合会,農事組合法人,農事組合法人以外の農地所有適格法人,特定農業団体,その他農業者の組織する団体等 補助率 1/2以内等 【お問い合わせ先】 詳細は,お住まいの市町村農政主管課又は最寄りの農林事務所までお問い合わせください。 交付金の配分は• 27年度評価()• 22年度評価(・)• <支援対象者>• <支援内容と補助率等>• 中でも農業・農村は、国土や自然環境の保全、水源の涵養、良好な里山景観の形成などの多面的機能を有しており、その恩恵は、私たちが広く受けています。 併せて、融資の円滑化等を図るため、農業信用基金協会への補助金の積増しによる金融機関への債務保証を支援します(補助率:定額)。 条件不利地域型補助事業 経営規模が小規模・零細な地域において意欲ある経営体を育成するため、共同利用機械・施設の導入を支援します(補助率:事業費の2分の1以内)。

次の

平成31年度強い農業・担い手づくり総合支援交付金について|観光・産業・ビジネス|幕別町

強い 農業 担い手 づくり 交付 金

申請方法 本事業への取組を希望していることを、7. このような状況を改善するため、国では平成27年度に「農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律」を制定しました。 運搬用トラック、パソコン、倉庫等 汎用性が高いものでないこと。 18年度評価()• 産地生産基盤パワーアップ事業(要綱・要領等)【令和2年2月28日制定】 農畜産物輸出拡大施設整備事業(要綱・要領等)【令和2年1月30日改正】 令和元年8月以降の前線に伴う大雨及び台風対応産地緊急支援事業(実施要領)【令和2年2月5日一部改正】 実施要領本体(共通) 申請様式 問い合わせ窓口 総務課生産推進室 TEL:03-3502-5945(直通) 実施要領(別紙) 申請様式 問い合わせ窓口 (別記1)産地緊急支援対策 令和元年11月27日から改正なし (1)営農再開支援 (2)集出荷施設等における農作物の出荷円滑化等支援 総務課生産推進室 TEL:03-3502-5945(直通) (3)河川堤防の決壊等による大規模浸水に対する水田農業継続特別支援 政策統括官穀物課 TEL:03-6744-2108(直通) 園芸作物課需給調整第2班 TEL:03-3502-5957(直通) (別記3)茶産地再生支援対策 令和元年11月27日から改正なし 地域対策官 TEL:03-6744-2117(直通) 令和元年8月以降の前線に伴う大雨及び台風対応産地緊急支援事業(実施要領)【令和元年11月27日一部改正】 実施要領本体(共通) 申請様式 問い合わせ窓口 総務課生産推進室 TEL:03-3502-5945(直通) 実施要領(別紙) 申請様式 問い合わせ窓口 (1)営農再開支援 (2)集出荷施設等における農作物の出荷円滑化等支援 総務課生産推進室 TEL:03-3502-5945(直通) (3)河川堤防の決壊等による大規模浸水に対する水田農業継続特別支援 政策統括官穀物課 TEL:03-6744-2108(直通) 園芸作物課需給調整第2班 TEL:03-3502-5957(直通) 地域対策官 TEL:03-6744-2117(直通) 令和元年8月から9月の前線に伴う大雨(台風第10号、第13号、第15号及び第17号の暴風雨を含む。 ) 農業者から市町村への申請期限は、上記の期限よりも前の期日で市町村が設定しますので、本事業の活用をお考えの農業者の方は市町村にご確認ください。 沿岸広域振興局農林部 (〒026-0043釜石市新町6-50、電話:0193-25-2704)• 人・農地プランで必要と認められた農業者又は団体。 県から提出された事業要望をもとに、国は交付金を算定し、県に交付します。 県北広域振興局二戸農林振興センター (〒028-6103二戸市石切所字荷渡6-3、電話:0195-23-9203). (様式)、(様式) (様式)、(様式)• お問い合わせ• 先進的農業経営確立支援タイプ 高い目標をもって、農業経営体の主体性を発揮した取組や地域との相乗的発展を目指す取組等を行う農業経営体を支援します(補助上限額は個人1,000万円、法人1,500万円)。

次の

令和2年度「強い農業・担い手づくり総合支援交付金事業(地域担い手育成支援タイプ等)」の活用希望者募集

強い 農業 担い手 づくり 交付 金

申請書類の提出締切は7月10日 金 17時00分 必着 です。 国の要綱,要領等 をご覧ください。 (様式)• 強い農業づくり交付金実施要領(平成17年4月1日付生産第8262号大臣官房国際部長、総合食料局長、生産局長、経営局長通知)第8号の別記Iの第12に基づき、以下のとおり公表します。 3 強い農業づくり交付金評価結果について 強い農業づくり交付金実施要綱(平成17年4月1日付け16生産第8260号農林水産事務次官依命通知)第8の7に基づき、評価結果について公表します。 (1)農地維持支払交付金 地域共同による農地法面の草刈り、水路の泥上げ、農道の路面維持など地域資源の基礎的な保全活動や、地域資源の適切な保全管理のための推進活動を支援します。 【新旧対照表(R2. 2 条件不利地域型 経営規模が小規模・零細な地域において意欲ある経営体を育成するため、共同利用機械・施設(事業費50万円以上)の導入や簡易な基盤整備を支援します。 県南広域振興局花巻農林振興センター (〒025-0075花巻市花城1-14、電話:0198-22-4931)• 地域の問題解決に向けた方向性と目標を定めます。

次の